歯の治療費の目安ってどのくらい?歯医者さんによっても差があります!

歯の治療費の目安ってどのくらい?歯医者さんによっても差があります!

・早期発見なら保険内治療費が安い

歯医者にかかる治療費っていくら? 保険の適用は?

歯医者さんと言えば以前は「歯が痛くなったら行く」という人も多かったのではないでしょうか。しかし、現代は「歯が痛くなる前に行く」「歯が悪くならないように利用する」という予防の観点が注目されつつあります。定期的なメンテナンスを行うことは早期発見・早期治療につながるので結果的に治療費を安くできます。今回は「歯」について一緒に考えてみましょう。

■歯医者でできることって?

まず、歯医者さんでできることはどのようなことなのかを考えてみましょう。すぐに挙げられるのは歯の治療です。保険が適用される場合は基本的に3割負担となりますが、人によっては1割負担、2割負担となることもあります。

診療明細書に書かれている点数は1点につき10円にあたります。

◎歯の状態チェックとスケーリング

歯の治療・定期検診を問わず歯の状態をチェックしてもらえます。具体的には歯周基本検査やレントゲン撮影が行われます。初診や定期検診の際に歯の掃除や歯石取りをしてもらえますがこれをスケーリングと呼びます。もろもろ合わせると検診だけで3,000円ほどかかりますが、レントゲン撮影は方法や機種によって値段が異なります。

定期検診の場合はレントゲン撮影がないことや再診料で処理されることから2,000円ほどになります。

◎虫歯の治療

虫歯の治療は虫歯の進行度合いによって治療法と料金が変わります。初期状態であれば再石灰化を待つことや削るだけの治療で済みますが、進行すると根管治療や抜歯が必要となります。

虫歯の治療は軽いものであれば1本500円~1,000円、中程度のものなら700円~3,000円、重度のものであれば2,000円~7,000円ほどかかります。更に補綴物の料金が加算されます。

◎抜歯

虫歯や親知らずを抜歯するときは乳歯であれば400円ほど、永久歯であれば500円~900円ほどかかります。親知らずの場合は埋伏歯で900円~4,000円ほどかかります。ただ、親知らずを放置すると歯列の乱れや痛みにつながるため難しい抜歯でも早めの治療が大切です。

◎歯周病・口内炎治療

歯周病や口内炎の治療をしてもらえますが、歯周病については基本的にはスケーリングで対処し、難しい場合に歯周外科手術を行います。歯周外科手術は1本につき270円~1,000円ほどかかります。口内炎の治療は600円ほどかかります。

◎補綴(ほてつ)

補綴とは詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)、インプラントのことです。詰め物や被せ物については、樹脂でできたレジンや銀歯であれば保険適用、金歯やより人間の歯に近いセラミックを使う場合は保険適用外となります。補綴の際、台座が必要であれば、更にお金がかかります。

◎入れ歯

入れ歯に関しては樹脂製であれば保険適用ですが、金属やセラミックなどを利用した場合は保険適用外となります。

◎ホワイトニング

ホワイトニングは治療のために行われないので保険適用外です。


歯医者にかかる治療費っていくら? 保険の適用は?
 

・保険適用外治療の目安

■保険適用外はある?

歯の治療については大部分が保険適用となります。保険適用外となるのはより質が高く美しい材料を使う場合やインプラントなど必ずしも必要ではない治療を行う場合、そして審美歯科です。

保険適用外となるのはこのようなものです。これらに関しては10割負担となるためしっかりお金を貯めて治療にのぞみましょう。

  • ホワイトニング(1回3万円~5万円ほど)
  • インプラント(1本20万円~60万円ほど)
  • 矯正治療(80万円~120万円ほど)

歯医者にかかる治療費っていくら? 保険の適用は?

・混合診療に要注意

歯科治療のデータから見える現状

意外と多い?虫歯の放置率
歯が痛い・しみるなど治療の必要性を感じたら、みんなはすぐ歯医者に行っているのでしょうか?「保険で良い歯科医療を」全国連絡会が2014年に行ったアンケート結果(注1)によると、「治療をせずにそのまま放置しているところがありますか」という問いに、「ある」と答えた人は29.0%でした。男女別に見ると男性が44.2%、女性が55.8%となっており、治療を受けずに放置しているのは女性のほうが多いことがわかります。年代別では50代が最も高く、21.4%でした。次に60代の19.7%、30代の19.4%と続き、30代~60代の放置率が高いことが見えてきます。
また、治療をしないで放置している理由としては、「時間がない」(59.3%)、「治療が苦手」(31.1%)、「費用が心配」(26.5%)などが多く挙げられました。
保険がきくもの、きかないもの
歯の治療には出費がかさむイメージを持っている人もいると思います。しかし、治療内容によって保険がきくものときかないものがあり、保険適用内で比較的安く治療できる場合もあります。具体的にいくつか見てみましょう。
保険が適用される治療の例
  • 充てん:初期段階の虫歯を削って白い詰め物をし、歯をもとの形に修復します。
  • 鋳造歯冠修復:中度の虫歯を削り、型取りをしてつくった銀色の詰め物で、歯をもとの形に修復します。
  • ブリッジ:なくなった歯の前後にある歯を削り、それを土台にして橋のようにつないで歯をつくります。
保険が適用されない治療の例
  • インプラント:歯のない部分に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取りつけます。
  • 歯列矯正:器具を使って歯の位置を動かしながら、歯並び・噛み合わせを治します。
  • 審美歯科:歯を白くするホワイトニング、セラミックで歯の色や形をきれいにする治療などで、歯の見た目を美しくします。

2014年4月から始まった新保険制度により、金属を使っていない白い被せ物にも保険が適用できるようになりました。金属アレルギーがある人にとっては助かりますね。ただし、使用する素材によっては保険適用外となる場合もあります。また、素材ごとに強度や変色のしやすさ、どの歯の治療に使えるかなど違いがあるので注意しましょう。詳しくは、歯科医師に相談してみてください。


歯医者さんによって治療費に差があるのはなぜ?知っておきたい歯とお金の話
 

■「併用」で曖昧に

歯科治療の内容は健康保険の対象と、それ以外の自由診療に分かれる。保険診療は基本となる治療で、虫歯や歯周病など一般的な内容に対応する。抜歯、レントゲン撮影といった処置ごとの点数の合計で治療費が決まる。現役世代なら3割を自分で払い、残りは健康保険が負担する。治療1回当たりの自己負担額は数千円以内で済む場合が多い。

一方、歯を白くするホワイトニングや歯列矯正など美容目的の治療は保険の適用外だ。インプラント(人工歯根)やセラミックなど新しい技術や高価な材料を使う場合も自由診療になる。

自由診療は内容も料金も歯科医の裁量の部分が大きい。そのため「見栄えや使用感など、より質の高い治療を追求できる」と六本木駅前歯科(東京・港)の日高大次郎院長は話す。

精度の高い詰め物の加工や長持ちする接着剤、医師の「技術料」などを加味した結果、治療費は高くなりがちだ。インプラントなど1本30万円を超える例もある。自由診療は都市部で多く、東京都では歯科医の収入の約2~3割が自由診療といわれる。


 

歯の治療費を考える際に、見逃せないのが保険診療と自由診療の「併用」だ。保険対象とそれ以外の治療を同時にするのは混合診療と呼ばれ、日本の医療では通常認められない。ところが歯科治療では歯を削った後や抜歯の後の処置に限り、患者が希望すれば保険診療から自由診療に移行できる。

虫歯の治療で「かぶせる材料をどれにしますか」と歯科医から説明が始まったら、そのときが分かれ目。保険適用の銀歯を選べば保険診療のままだが、金歯やセラミックを選べば自由診療になる。

同じ処置でも、患者の口内の状態によって保険診療か自由診療かが変わるものがあることも注意が必要だ。例えば歯磨き指導の場合、すでに虫歯や歯周病にかかっている場合は保険適用になる。ただし虫歯が1本もないなど口内が健康な状態なら自由診療になる。

フッ素塗布は基本は自由診療だが、虫歯になりやすい患者に対しては保険が適用されるケースもある。いずれも歯科医が患者の歯の状態を診断したうえで治療を進める。

もちろん、保険診療と自由診療のどちらを選ぶかは最終的に患者の意思だ。しかし「技術レベルは歯科医によって大きく異なる」(都内の開業医)。自由診療の場合、料金の算定基準や保険診療と比べた治療内容の違いなどの説明で曖昧な例もあるのが現状だ。結果として、患者が歯科の治療費に釈然としないケースにつながりやすい。


歯の治療費こう決まる 痛い目に遭わない基礎知識

・歯医者さんによって治療費に差が出る理由

意外と知られていない?歯科によって費用に差が出る理由

歯科治療の費用差はどうして生まれる?
歯科治療に費用差が生じる理由のひとつに、保険診療と保険外診療を組み合わせる「混合診療」があります。本来、日本の健康保険制度では、原則として混合診療は認められていません。しかし歯科治療においては、患者が希望すれば保険診療から自費での診療に移行することができます。例えば、虫歯の治療を保険診療で受けたあと、保険のきく銀の詰め物の代わりに保険のきかないセラミックの詰め物を選べるのです。
費用は、歯型を取るときに使われる材料や、歯科技工士が入れ歯や差し歯などの製作にかける時間によっても変わります。さらに、自費診療の料金は歯医者が独自に設定できるため、歯医者の立地や規模によっても差が出てくるのです。
歯医者でかかる費用の目安
歯医者でかかる代表的な費用の目安は以下のとおりです。
  • 定期検診:6,000円~1万円(検査の結果、治療の必要がなかった場合)
  • 初期段階の虫歯治療:1,500円~3,000円(保険診療)
  • 中度の虫歯治療:2,000円~1万円(保険診療)
  • ブリッジ:7,000円~2万円(保険診療)
  • 入れ歯:5,000円~4万円(保険診療)
  • レントゲン:700円~1万円
  • 歯石除去(スケーリング):800円~1,000円(保険診療)
  • フッ素塗布(3ヶ月に1回):300円~540円(保険診療)
  • ブラッシング指導:240円~3,000円

治療内容によってはかなり費用に幅がありますね。また、自費診療は保険が使えないうえに、かなり高額になることもあります。例えばセラミックの詰め物は5万円以上するものが多く、インプラントや歯列矯正には何十万円もかかります。高額な治療を受けたい場合は、歯科治療に特化したデンタルローンを検討してみてもよいかもしれません。

普段のお手入れで健康な歯に

日常的な歯のケアは節約につながる!
虫歯の治療では歯を削るので、繰り返すと歯がどんどんすり減っていきます。また、重度な虫歯になると、歯そのものを失う可能性もあります。症状が悪化するほどお金も時間もかかるので、初期段階での治療が重要です。
また、最近ニュースで話題になっているのが、重度の虫歯が10本以上ある子どもの「口腔(こうくう)崩壊」です。貧困問題、ひとり親や共働き家庭の増加などが背景にあり、親が子どもを歯医者に連れて行ったり子どもの口腔ケアに気を配ったりできない状況にあることが原因とされています。
大人も子どもも、普段から健康な歯を保つ努力をし、異変を感じたら早めに治療を受けるようにすれば、歯を失うリスクも治療費も抑えることができます。
日本歯科医師会が推進している「8020(ハチマルニイマル)運動」をご存知でしょうか。これは、「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動で、生涯自分の歯で食べる楽しみを味わえるように、との思いが込められています。いつまでも元気な歯を保つことで、食生活も充実させたいですね。
歯の健康を維持するためにできること
歯のお手入れとして毎日歯を磨くことはもちろんですが、歯磨きに使う歯ブラシや歯磨き粉にも気をつけてみましょう。歯ブラシには寿命があり、古い歯ブラシでは汚れを十分に落とせなかったり、雑菌がたまったりします。歯ブラシ交換の目安は約1ヶ月といわれていますが、歯ブラシを裏側から見て、毛先が乱れてはみ出してきたら取り替えましょう。
歯磨き粉には、虫歯予防や歯周病予防に特化したものなどいろいろあるので、自分の口腔状態に合わせて上手に選びましょう。また、歯磨きでは取り切れない食べかすや歯垢を除去できる、デンタルフロスや歯間ブラシも取り入れたいですね。
歯の痛みや違和感がなかったとしても、定期的に歯医者での検診を受ける、虫歯予防のために歯石除去、フッ素塗布、ブラッシング指導を受けるなども積極的に取り入れていきましょう。

歯医者さんによって治療費に差があるのはなぜ?知っておきたい歯とお金の話
 

【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】

 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。