歯と歯の間のケアはデンタルフロスで!

歯と歯の間のケアはデンタルフロスで!

・歯と歯の間のケアも忘れずに

歯と歯の間のお手入れの必要性

歯と歯の間は、歯ブラシの毛先が届きにくいためプラーク(歯垢)が残りやすく、むし歯や歯周病が発生しやすい場所です。この歯間部のプラークは、歯ブラシだけでは60%程度しか取り除くことができませんが、歯ブラシと併せてデンタルフロスや歯間ブラシを使うと90%近くのプラークを取り除くことができます。
効率よくお手入れをするためにも、毎日のケアに歯と歯の間のお手入れも取り入れましょう。

歯垢(しこう)=プラーク
歯と歯の間の歯垢除去率

デンタルフロス、歯間ブラシの使い方

歯と歯の間のすき間の広さに合わせて、使いやすいものを使用しましょう。

  歯と歯の間のケアに使用 歯と歯の間にすき間ができた
部分のケアに使用
ケア用品 デンタルフロス 歯間ブラシ
  糸まきタイプ ホルダータイプ(F字型) ホルダータイプ(Y時型) ナイロンタイプ(L字型) ゴムタイプ(L字型) ゴムタイプ(ストレート型)
  糸まきタイプ ホルダータイプ
(F字型)
ホルダータイプ
(Y字型)
ナイロンタイプ
(L字型)
ゴムタイプ
(L字型)
ゴムタイプ
(ストレート型)
特徴 必要な長さを
使用でき
経済的。
初めての方も
使いやすい。
初めての方も
使いやすい。
歯垢除去力が
高い。様々な
サイズがある
初めての方も
使いやすい。
初めての方も
使いやすい。
清掃
場所
全体(テクニック
が必要)
下の前歯 上の前歯、奥歯 全体
(特に奥歯)
全体
(特に奥歯)
前歯


歯と歯の間のケア方法
 

・歯間ブラシとフロスをうまく使う

歯と歯の間にすき間がある方

歯間ブラシとデンタルフロス

歯と歯の間の汚れは、歯ブラシだけでは全て取り除くことが難しいものです。
特に高齢になると、歯ぐきが下がることにより歯と歯の間のすき間が目立つようになってきます。
歯と歯の間は磨きづらく、むし歯になりやすい場所でもありますので 歯ブラシに加えて、歯間ブラシやデンタルフロスを併用することをおすすめします。
高齢者のむし歯の特徴を「むし歯」ページで確認しましょう。

抜けている歯がある方

歯間ブラシとデンタルフロス

抜けている歯があると、歯と歯の間に広いすき間ができます。
歯ブラシがすき間にうまく入らない場合、その部分の汚れが磨けなくなってしまいます。
そんな時は歯ブラシよりも小さな歯間ブラシを使用し、残っている歯の汚れを磨き落とし、清潔に保ちましょう。

歯間ブラシの使い方

歯間ブラシってなーに?

歯間ブラシ

歯間ブラシは、歯と歯の間のすき間の汚れを取り除くための歯ブラシよりも小さなブラシです。
金属のワイヤーにナイロンの毛がつけられていて、植毛部分は歯ブラシよりも細くつくられており、 ワイヤーでできているため、適切な角度に曲げることができます。
歯間ブラシ本体の形状には「L字型」と「I字型(ストレート型)」があります。 一般的にL字型は奥歯に使用し、I字型は前歯に使用します。
様々なすき間の大きさに対応できるよう、歯間ブラシは大小いくつかのサイズがあります。

正しい使い方はあるの?

歯間ブラシの使い方は、それほど難しくはありませんが、使い方を誤ると歯ぐきを傷つける恐れがありますので注意しましょう。

歯間ブラシ

奥歯に対して使用する場合は、歯の内側、外側の両側から使用すると、より効果的に汚れが取り除けます。

歯間ブラシって使い捨てなの?

歯間ブラシは使い捨てではありませんので、適切に保管をしましょう。
使用後は、歯ブラシ同様流水下で洗い、汚れを落とします。
汚れが落ちにくい場合は、指でこすり洗いをしましょう。
その後、よく乾燥させ、細菌の繁殖を防いでください。
また、歯間ブラシは使用していると植毛部分が曲がったり、毛が乱れてきます。それが交換時期のサインです。
使っているうちにワイヤー部分の金属が折れやすくなるため、長くても1ヶ月ごとの交換をおすすめします。使い方によっては2週間ほどで金属が劣化し折れやすくなり、歯と歯の間に残ってしまったりすることもあります。
効率良く汚れを落とすためにも、適宜新しいものに取り替えましょう。

お口に合ったサイズの歯間ブラシ

歯間ブラシのサイズが大きすぎたり小さすぎたりしてしまうと、汚れを取り除けないばかりか歯ぐきを痛めてしまうことがあります。
歯間ブラシは、すき間に合わせて使用できるよう、様々なサイズのものが登場していますので ご自分の歯ぐきの大きさに合ったサイズのものを購入するようにしましょう。
歯間ブラシを選ぶ一つの目安として、歯と歯のすき間に入れた時に、抵抗感なく動かせるサイズのものだと良いでしょう。
はじめて歯間ブラシを使用する方は、小さいサイズのものから試してみることをおすすめします。
歯間ブラシが入らなかったり抵抗感がある場合には、デンタルフロスを使用するようにしましょう。

デンタルフロスの使い方

デンタルフロスってなーに?

歯間ブラシ

デンタルフロスとは、歯と歯の間の汚れをとるお口のためのフロス(=糸)のことです。
デンタルフロスには、「糸巻きタイプ」と「ホルダータイプ(柄付き)」があります。

正しい使い方はあるの?

デンタルフロスは、歯間ブラシが入らない、歯と歯の間のすき間が狭い方が使用するのに適しています。

歯間ブラシ
歯間ブラシ

デンタルフロスは使い捨てなの?

デンタルフロスは使い捨てです。
もったいないという気持ちから短く切って使おうとすると、かえって使いにくく十分な効果を発揮できません。
利用に適した長さで使いましょう。

歯に引っかかる場合

デンタルフロスを使用していて、歯に引っかかるようなかんじがしたら、むし歯になっていたり、歯石がついている恐れがあります。
歯科医師に相談しましょう。


歯間ブラシとフロス

・ワックスやジェルを使用した歯間クリーナーも効果あり

サンスターのおすすめ歯間クリーナー

サンスターの歯間クリーナーは、使う方それぞれが歯間部の広さや目的にあわせて選べる多彩な製品を ラインナップ!

たとえばプラーク(歯垢)だけでなく歯間部のステイン(着色汚れ)も除去したい!という方には…
高清掃シリカを配合したワックスをコーティングされたフロスを使用している「オーラツー ステインクリア デンタルフロス」「オーラツー ステインクリア フロス&ピック」

弱ったハグキや歯間部の炎症が気になる方には…
歯間ブラシにつけて、歯間部をやさしくケアできる 「ガム歯周プロケア 歯間ジェル」(ハミガキ 医薬部外品 販売名:薬用GUMインターデンタルジェルPC)。歯周病(歯肉炎・歯周炎)予防、口臭防止、口中浄化、ムシ歯の発生および進行を予防します。

この機会に、ぜひ自分にぴったりの歯間クリーナーを見つけてみてはいかがですか?


歯間ブラシ?デンタルフロス?あなたにぴったりの歯間クリーナー選び

・普段の歯磨きと組み合わせてやってみよう!

歯間ブラシやデンタルフロスは歯磨きの後

歯間ブラシやデンタルフロスを使用する際は、歯磨きの後に使用することをおすすめします。
使用後は、ブクブクうがいをしましょう。

歯と歯の間って、むし歯になりやすいのに、磨きにくいの?
めんどうだね。

そう、磨きにくいから、歯垢がたまってむし歯になってしまうの。
歯間ブラシやデンタルフロスでケアをする時は、歯ぐきを傷つけないように注意が必要よ。


歯間ブラシとフロス
 

No.1

  • 回答者: iomik
  •  
  • 回答日時:

僕は、

1、ウォーターピックで歯と歯茎、歯間の食べ物ゴミをとりながら、歯茎をマッサージ。
2、ワンタフトというボールペンの先のような形状の歯ブラシで歯と歯茎の間、歯と歯の間、奥歯の裏側を丁寧に磨く。
3、歯ブラシで歯の全体を磨く。
4、歯間ブラシ3種類太さを変えて、歯の間を表からと裏から磨く。
5、フロスをかける。
6、再石灰化を促すクリームを塗って30分放置してから軽くゆすぐ。
7、殺菌剤とフッソ配合のジェルを歯と歯茎に塗る。

2と3はフッソ配合歯磨きでやって、4はフッ素配合の歯間ジェルを使ってます。
夜の歯磨きを特に丁寧にしていて、夜は30分(放置時間を入れると1時間)、朝は3と7だけで約5分かかります。

超音波歯ブラシを使ったこともありますが、1か月もしないうちに口内がベタつくようになりやめました。

隔週で歯垢の染色タブレットを使って、磨き残しや歯垢の残りを確かめています。
1か月~3カ月に1度くらいの割合で、歯科で検診と色素沈着のクリーニングをしてますが、歯垢や歯石があったことは一度もありません。

毎日のデンタルケアについて

【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】

 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。