虫歯がない人も歯周病には要注意!

虫歯がない人も歯周病には要注意!

・虫歯の人はどのくらいいる?

子供も大人も虫歯の痛みはツラいもので、食事が美味しくいただけなるだけでなく、集中力の低下など日々の生活にも悪影響を及ぼすことになる。さらに虫歯を放置しておくと身体の他の部分にまで疾患が生じる可能性もある。乳歯と違って二度と抜け替わることのない永久歯における「う歯(齲歯。齲蝕した歯。いわゆる「虫歯」)」の実情を、厚生労働省が2017年6月に発表した歯科疾患実態調査(※)の2016年調査分の概要から確認する。

今回精査の対象としたのは、5歳以上の永久歯の現状。虫歯のあるなしで区分すると、「虫歯がまったく無い人」以外に、「虫歯だった経験があるがすでに治療済み(処置完了)」「治療済みの歯もあれば、治療中の歯もある(処置歯・処理歯双方が存在)」「虫歯を抱えている(未処理歯)」の4通りに分けられるが、その構成比を年齢階層別に見たのが次のグラフ。

↑ 現在の歯に対して「う歯」を持つ人の割合(永久歯対象)(2016年)
↑ 現在の歯に対して「う歯」を持つ人の割合(永久歯対象)(2016年)

10歳未満の子供における永久歯の虫歯状況は1割足らず。これが10代に入ると急激に増え、20代になると8割から9割が「永久歯が虫歯」「永久歯が虫歯だった」状態になる。もっとも「治療していない歯だけ」の人はごく少数で、大抵が治療済み、あるいは治療過程にあるのか混在状態との結果が出ている。30代に入ると「虫歯も治療したことのある歯も無い」は1%未満から3%程度でしか無い。

一方で60代以降「治療中・未治療混在」の割合はあまり変わらないにも関わらず「処置完了」者の割合は減り、「虫歯が無い」人が増えて行く。他データによれば歳を経るほど「喪失歯」も増えていることから、老化などで歯が抜け落ち、結果として「虫歯が無くなった」状況になったものと推定される(2016年における85歳以上の平均喪失歯は17.5本である)。この場合「虫歯が無い」が歯的に健康であるとは限らないことになる。あるいは単に、この世代は虫歯に強い可能性もあるが。

これを1987年以降の過去調査データと併記したのが次のグラフ。このグラフにおける「う歯」とは治療済み、治療中の双方を含む。

↑ う歯を持つ人の割合推移(1993年以前、1999年以降では「未処理歯」の診断基準が異なるため、純粋な継続性は無い)
↑ う歯を持つ人の割合推移(1993年以前、1999年以降では「未処理歯」の診断基準が異なるため、純粋な継続性は無い)
画像
 

25-34歳までは明らかに現代に近づくに連れて減っているが、35~44歳ではほぼ横ばい、45歳以降は漸増しているのが分かる。特に65歳以上で増加傾向が著しい。

これは「高齢者における虫歯が深刻化している。歯みがきの啓蒙や予防技術の点で問題があるのでは?」といった話では無く、「経年における喪失歯の数・喪失者率が減少しており、虫歯になる可能性がある自前の永久歯を持つ人が増え、自前の永久歯の数も増えているから」に他ならない。詳しいグラフ化は略するが、全年齢階層で喪失者率、喪失歯の数の平均は減少している。

↑ 65~69歳における喪失歯所有者比率と平均喪失歯数
↑ 65~69歳における喪失歯所有者比率と平均喪失歯数

自分自身の歯を少しでも多く残し続けられるよう厚生医療状況は進展を遂げているが、同時に虫歯になるリスクも増加してしまう(どれほど予防策を打っても、虫歯リスクをゼロにはできない)。ある意味、皮肉な話ではある。


「虫歯がある」大人は約3割…永久歯の虫歯の実情をさぐる

・虫歯がないと仕事ができる人になれる?

あなたは自分の「歯」にどれぐらい気を遣っていますか?

「毎日、歯ブラシでちゃんと磨いています」というのはビジネスパーソンでなくても普通の人なら当たり前の話でしょう。でも、そこからもう一歩踏み込めているでしょうか?

筆者は歯科医師としての知見や経験を基に、歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサイトで発信していますが、虫歯や歯周病などにならないような積極的な予防のほか、仮に口腔内に異常を来したとしてもすぐに発見できるように日頃から心掛けている日本人は少数派だと感じています。

欧米では「歯が綺麗かどうか」が採用などの基準に

日本ではさほど気にされていませんが、欧米では「歯が綺麗かどうか」は採用や昇格の基準になる例があるほど、歯の健康は重要です。日本人でも一般的に仕事ができる有能なビジネスパーソンほど、口の健康には特に気を遣っているものです。

逆に歯に気を遣っていない人は自己管理がうまくできていないために、仕事にも悪影響を及ぼしかねません。虫歯になってしまうと痛みで仕事に集中できなくなってしまいますし、治療には時間もかかります。歯周病になってしまったら、糖尿病をはじめ、全身に悪影響を及ぼしかねない病気にもなりかねず、長期療養を強いられる可能性だってあるのです(関連記事「歯周病という身近な病気の恐ろしすぎる真実」2月7日配信)。

あまり知られていませんが、体の健康状態は口内によく現れます。口内炎ができるのは免疫力が落ちているサインですし、歯周病もほかの病気が原因でひどくなることがあります。また、ストレスが過剰になると唾液の分泌が落ち、虫歯や歯周病、口臭の原因にもなります。舌の状態も健康状態を表し、舌苔が多く付いている場合には胃腸の調子が悪かったり、ストレス過剰や免疫力低下のサインであったりすることがあります。


仕事のできない人ほど歯に気を遣わない

・虫歯にならない人の特徴

同じように毎日しっかり歯磨きをしているのに、虫歯になりやすい人と虫歯にならない人がいます。こういった人たちの間では何が違うのでしょうか。虫歯にならない人には実は特徴があるのです。

「虫歯にならない人」は、どんな人?

虫歯は細菌によって歯が溶かされていくことによって起こるものであるため、口の中に細菌にとっての栄養である糖分がたくさんあると虫歯になりやすくなります。

虫歯にならない人の特徴は、生活習慣の中で口の中に糖分がある状態が短い人なのです。
こまめに歯磨きをすると虫歯になりにくくなりますが、それ以外にも虫歯にならない人の生活習慣の中に虫歯予防が含まれています。虫歯にならない人は食事の時間とそれ以外の時間がしっかりと分かれていて、だらだらと食べ続けたりせず、アメやガムもあまり食べないということが特徴です。

また、虫歯にならない人は歯磨きをする習慣が一日に一回だったとしても、夕食後や就寝前といった時間に歯磨きをします。寝ている間は最も虫歯が進行しやすいことから、口の中を清潔にしておくことが虫歯の進行を妨げることにつながるからです。

虫歯はこうやって予防しよう!

虫歯予防の基本は歯磨きです。
歯磨きの際に隅々までよく磨いて歯垢と食べかすをきっちりと落としてあげるということが最も重要な予防法になります。虫歯にならない人は一日に一回の歯磨きでも、こういったしっかりとした歯磨きができているからこそ虫歯にならないのです。

虫歯が進行しやすいのは唾液の分泌が少なくなって自浄作用が弱くなっている就寝中です。そのため、寝る前にしっかりと歯磨きをする習慣をつけると虫歯予防には効果的です。食習慣も虫歯に影響する点であり、糖分の多いものを食べている時間を長くとらないのがポイントです。
細菌の栄養になる糖分が常に供給されているとそれだけ細菌が繁殖しやすくなるからです。1日3食をきっちりと食べて、間食はしないというメリハリのある食習慣をつけることが虫歯予防につながっていくでしょう。
これが虫歯にならない人になるためのポイントです。


虫歯にならない人の特徴

・虫歯がなくても歯周病には要注意!

虫歯がない自慢の人ほど危険!歯周病を防ぐ5つの習慣とは

■1:鏡を見て歯ぐきをチェックする

自分で磨き残しを見つけることは難しいが、歯ぐきの状態はひと目でわかる。歯ぐきが赤い場合は歯肉炎が疑われる。歯肉炎が進行すると歯周病に移行し、骨が溶けるために歯ぐきが下がってくる。毎日鏡を見てチェックすることが、いちばんの予防策だ。

●健康な歯ぐき

歯と歯ぐきの境目が三角形に引き締まり、薄いピンク色。

●歯周病の歯ぐき

歯と歯ぐきの境目が丸みを帯びて腫れ、赤黒い。

■2:毎食後、5分以上歯磨きをする

最低でも1日3回、食事の後には歯磨きするのは必須 。歯の表裏、歯ぐきとの境目を磨き、すべての歯間をケアすると、少なくとも5分はかかるはずだ。磨き方は歯の部位によって異なるので磨き分けること(下写真参照)。

●前歯や犬歯

歯ブラシを45度の角度で歯と歯ぐきの間に当て、細かく動かす。

●奥歯の表面

歯垢がつきやすい奥歯の溝は、上から歯ブラシを当て、前後に動かす。

●前歯の裏側

下の前歯の裏は、歯ブラシのかかと部分を当て、掻き出すように磨く。

■3:自分に合った歯ブラシと歯間ブラシを選ぶ

50歳以上は歯間ブラシを必ず併用することをすすめる。自分に合った歯ブラシ・歯間ブラシでないと効果が半減、歯や歯ぐきを傷つける原因になる。なかなか自分ではわからないので、歯科医に相談するのが最善。

歯間ブラシはさまざまな種類があるので、自分の歯間に合わせて選ぶことが肝要。


歯ブラシが届きにくい奥歯の間は、L字形の歯間ブラシが使いやすい。

■4:だらだら間食をしない

食事の後は口内が一気に酸性に傾くが、唾液は弱アルカリ性なのでやがて中和される。しかし、頻繁に間食をすると、ずっと酸性の状態が続くため、虫歯や歯周病、酸蝕症の原因になる。

口の中のpHが5.5以下になると、歯の表面にあるエナメル質が溶け始める。酸度の強い食品を頻繁に口にする人は要注意。

■5:3~6か月ごとに歯科検診を受ける

歯科検診で大切なのは、汚れを除去してもらうだけでなく、適切に磨けているか、磨き残しはないかをチェックしてもらうこと。痛くなってからではなく、何でもないときに行くからこそ、歯科検診の意味がある。

歯垢が硬くなった歯石は歯周ポケットの中に付着する。歯石ができやすい場所を知り、普段から丁寧に磨くことが大切。

*  *  *

以上、【歯周病を防ぐ5つの習慣】をご紹介した。指導いただいた歯科医の野本さんは、自覚しにくい歯周病を初期段階で発見するには「とにかく鏡を見ること」と話す。

「歯を磨いたら、歯と歯ぐきの境目がちゃんと三角形になっているか、ピンク色かを見てください。丸みを帯びて赤黒く腫れていたら、歯周病のサインです」

その他、歯周病を防ぐための生活習慣を挙げてもらった。

「基本は毎食後の歯磨きです。“歯を磨かなくても虫歯になったことがない”と自慢する人がいますが、そういう人のほうが、歯周病になりやすいものです。高齢者に多いのは、歯根部のう蝕(虫歯)です。歯肉が退縮して下がり露出した歯根部は象牙質でできているため軟らかく、虫歯になって割れやすい。歯周病を防いでいれば、歯根が露出することはありません」

また歯磨きは、世界的に問題視され始めた「酸蝕症(さんしょくしょう)」対策としても有効だという。

「酸蝕症とは、強い酸によって歯の表面が溶けてしまう病気で、清涼飲料水などによる糖分や、酸の強い食品の摂り過ぎが主な原因です。逆流性食道炎の人なども、胃液による酸の影響で罹りやすい。歯磨きが有効な予防手段です」

食後にどうしても磨く時間がない場合は、水でよく口をすすぐだけでもずいぶん違うそうだ。


虫歯がない自慢の人ほど危険!歯周病を防ぐ5つの習慣とは

【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】

 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。