歯の寿命に注意!歳を取るほど丁寧な歯のケアを!

歯の寿命に注意!歳を取るほど丁寧な歯のケアを!

・歯にも寿命あり!60年は持つ

歯にも寿命がある! 歯の寿命を延ばすには?

歯にも寿命がある! 歯の寿命を延ばすには?

日々の生活に欠かせない食事を楽しむには、健康な歯を持っている必要があります。 しかし歯には寿命があり、加齢とともに自然と抜け落ちてしまいます。 歯の平均寿命は約60年と言われていますが、日ごろから気を付けて生活を送ることによって、寿命を延ばすことは可能です。 ここでは歯の寿命をできるだけ伸ばすためのポイントをいくつか紹介します。 しっかりポイントを押さえて、年を取っても健康的な歯を維持できるようにしましょう。

歯の寿命は60年

永久歯の寿命は60年ほど。10歳前後で永久歯に生え変わったとしたら、だいたい70歳前後で寿命を迎えることになります。 20代や30代の人は、まだまだ先だ、と思っている方もいると思いますが、油断は禁物です。 早い人では40歳を過ぎたあたりで歯が抜け始めます。45歳から50歳になるまでに、3本の歯を失う人もいると言われているのです。 それ以降は抜ける速度が加速していき、70歳になったころには半分の数しか残っていないことも少なくありません。 若いうちからしっかりデンタルケアをおこなう必要があると言えるでしょう。


歯にも寿命がある! 歯の寿命を延ばすには?

・歯の寿命を延ばす方法いろいろ

寿命を延ばすには

本来は、歯に寿命はありません。 我々が日々の生活の中で歯を使っていくうちに、寿命を生み出す原因を作ってしまっているのです。 寿命を作る主な原因になるのは以下の3つ。

・虫歯や歯周病
・歯を噛み合わせる際に生じる衝撃
・間違った生活習慣やストレス

寿命のない長持ちする歯を維持するには、上記の3つに焦点を絞ったデンタルケアをおこなう必要があります。

 【プラークコントロール】 
プラークとは歯垢のこと。プラークを歯に付着させたまま放置していると、虫歯や歯周病の原因になり、歯の寿命を縮めてしまいます。 基本的には毎日の歯磨きが重要になりますが、磨きにくい奥歯の外側や前歯の裏側などはプラークがどうしても溜まりやすくなりますので、定期的に歯科検診を受けるなどして、プラークコントロールをするようにしてください。

 【噛み合わせを治す】 
噛み合わせが悪いと、一部の歯だけに過度な力が加わるなどして歯に強い衝撃を与えることになります。 その結果歯の寿命が縮んでしまうのです。噛み合わせが悪いという方は、歯科医院で歯の高さを調節するなどの噛み合わせ治療を受けるようにしましょう。 噛み合わせの治療は歯の寿命を延ばすだけではなく、顎関節症などの歯が原因で起こる病気の予防にもなります。

 【生活習慣を改善する】 
偏った食生活を改善することで、歯の寿命を延ばせます。糖分や酸性の強い食べ物ばかり食べていると、歯の表面を守っているエナメル質がとけてしまいます。 甘いものや酸性の強いもの(炭酸水や柑橘類、酢の物など)ばかりを食べるのは極力控え、バランスのとれた食事を心がけるようにしましょう。 また、タバコのヤニは歯周病の原因になるものですので、タバコを吸う方であれば禁煙することで歯の寿命を延ばすことができますよ。


歯にも寿命がある! 歯の寿命を延ばすには?
 

・歯の被せ物・詰め物の寿命

被せ物や詰め物の寿命


進行している虫歯の治療を行うと、多くの場合は歯を削ります。

単純に考えた場合、削る面積が小さければ詰め物(インレー)を装着します。

削る面積が広ければ被せ物(クラウン)を装着します。

歯が2本以上連続で無い場合はその両脇の歯を支えとして、連結した造り物の歯(ブリッジ)を装着します。

患者様からよくご質問をいただく事に「頑張って通院して治した虫歯に被せる詰め物や被せ物は、どれくらい持つのか」というものがございます。

現在虫歯治療中の方も含め、これが気になる方はたくさんいらっしゃると思います。

被せ物や詰め物は保険が適用される素材や、保険が適用されない自費診療の素材まで様々ございます。

そして素材ごとに寿命も変わってきます。大まかに分けると次のようになります。

プラスチックの詰め物:約5年

金属の詰め物:約5年

金属の被せ物:約7年

ブリッジ:約8年

セラミック(自費診療):約10年

ここで記載した年数は「平均使用年数」という、装着してから何らかの異変が出てくるまでの平均的な年数です。

きちんとお口の中のケアを行っている方は、上記よりも長くなります。

相対的に見ると、保険が適用されない素材の方が長いのがわかります。

その中でもセラミックで作られたものはとても丈夫で、きちんとケアを行えば20年以上も使用できるとも言われています。

当然ながら、お口の中の状態や食習慣、生活環境、治療を行った医者は人それぞれなので、記載した年数よりも早くダメになってしまった方もいれば、10年以上たっても問題なく使用できている人もいます。


歯の被せ物や詰め物はいつまで使えるのか

・インプラントの寿命

1.第2の永久歯と言われる理由はその寿命

10年の残存率は9割以上

インプラント治療を施し10年を経過した後の、平均的な残存率は9割を超えています。適切なメンテナンスを怠らなければ、10年以上使用することができるものです。

10年保証のメーカーなどもある

インプラントにはノーベルバイオケア社のように、インプラントメーカーが10年保証をつけているものもあります。また、昨今ではガイドデントといったインプラント保証会社が、認定した医療機関を通じて、インプラント治療の10年保証を確約してくれるといったシステムもあります。インプラントが長寿命だからこそ可能な保証です。

40年以上使用したケースも

インプラントを入れてから、亡くなるまでの40年以上の間、使い続けていたというケースもあります。人工歯根を埋め込む土台となる骨が健全に保たれ、しっかりメンテナンスができていれば、一生使い続けられる可能性もあるのです。

一方、入れ歯やブリッジの寿命は?

抜けた歯を補う治療法としては他に、ブリッジ(隣の歯と橋渡しをしてつなげる治療法)や入れ歯が代表的ですが、ブリッジでは8年程度、入れ歯は5年程度が平均寿命と言われています。


インプラントの寿命はどのくらい?寿命を延ばす秘訣について

・歯の治療後も歯を大切にしよう!

被せ物や詰め物を長く使うためには


当然ながら被せ物や詰め物は長く使えた方が健康面、経済面、時間のロスが少なくて済みます。

では、どうすれば被せ物や詰め物は長く使えるようになるのでしょうか。

先ほど挙げた被せ物や詰め物が壊れる原因を回避していれば、長く使い続けることができます。

最も重要なのは日々のお口の中のセルフケアです。

どれほど精密に被せ物や詰め物を作っても、元々の自分の歯と同様に虫歯になる危険性はあります。

そのため、虫歯になってしまった時と同じようなお口の中の環境では、清潔な状態のお口の中の環境と比べると早く駄目になってしまいます。

詰め物と自分の歯のわずかな段差に歯垢が付着し、そこから徐々に自分の歯が溶けていく「2次虫歯」というものがあります。

そうなると詰め物が合わなくなり、やがて外れてしまいます。

2次虫歯の恐ろしい点は詰め物が外れることだけではなく、詰め物の下で虫歯が進行していくことです。

放置すると虫歯が神経にまで達し激痛を伴うほか、場合によっては神経を抜くことになります。

せっかく治療を行っても口腔内を不潔にしていると、同じ歯が2回3回と虫歯になり、その都度削ることになり、やがては抜歯になってしまいます。

治療した歯は虫歯になりにくくなった訳ではないので、詰め物を長持ちさせるためにはお口の中のセルフケアに気を付けてください。

あとは素材にこだわるのも大切です。

現在、歯科治療において最も優れている素材にセラミック(陶器の素材)が挙げられます。

強度に優れた素材でありセラミック自体が劣化しません。

そのためセラミックと自分の歯との隙間に虫歯ができにくくなります。

また、セラミックは表面がツルツルなので汚れが付きにくいのも特徴です。

そして一番大切なのは定期的に歯科医院に検診に行くことです。

自分ではわからない被せ物や詰め物の緩み具合や、自分の歯との隙間に虫歯ができていないかのチェックも行えます。

定期検診に通うことにより、残っている歯の異常を早期に発見でき、可能な限り少ない処置で治療を行うこともできます。

お口の中の健康管理は自分だけで行うのは難しいので、歯科医院にご相談ください。


歯の被せ物や詰め物はいつまで使えるのか
  

2.インプラントの寿命を最大限に延ばす方法

歯医者

2-1 歯周病を予防する口内管理

インプラント自体は虫歯になって壊れたりしませんが、その大敵は歯周病です。歯周病菌によって、インプラントを支える骨が痩せてしまったり、他の歯が歯周病になることで、噛合せのバランスが悪くなり、インプラントの寿命を短くしてしまいます。

セルフケアの基本は自然な歯のケアと変わりありません。デンタルフロスやプラウトブラシ(先端の細いブラシ)なども使って、小さな隙間にも歯垢をためないことが肝心です。

2-2 歯医者さんでの定期クリーニング

自然の歯同様に、自分で行うセルフケアには限界があります。歯を長持ちさせる秘訣は、定期的に歯医者さんでクリーニングしてもらうことですが、インプラントも同様です。

2-3 最適な噛合せの調整

自然な歯には、歯と骨の間に歯根膜という、いわばクッションのような役割をする組織があります。一方、インプラントにはそれがありません。使用しているうちに、インプラントに大きな力がかかる噛合せが生じるケースもあるので、定期的に噛合せをチェックすることも大切です。また、就寝中などに歯ぎしりの癖がある方は、マウスピースで負担を軽減する必要があります。

2-4 骨を健全に保つこと

糖尿病を患っている方には、インプラント治療は推奨されていません。糖尿病は骨粗鬆症になりやすく、人工歯根を支える骨が脆く支えられないリスクがあるためです。ですから、カルシウムの摂取などを心がけ、骨を丈夫に保つこともインプラントを長持ちさせる秘訣となります。

2-5 信頼性の高いメーカーを選ぶこと

インプラントは保険の適用されない高額な治療法ですが、高いお金を支払うからといって、その後の長寿命が約束されるわけではありません。採用するインプラントシステム(インプラントメーカーの提供する部材)が大切で、世界的に知られているメーカーは安全性が高く、寿命も長いと言えます。


インプラントの寿命はどのくらい?寿命を延ばす秘訣について
 

【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】

 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。