銀歯が取れたらどうする?

銀歯が取れたらどうする?

・取れた銀歯を飲み込まないように注意

銀歯がとれてしまったら

歯についていた銀歯が取れてしまった場合、最初に気を付けることは飲み込まないようにすることです。気管や食道に引っかかると、危険な状況になることもあります。

落ち着いて口から出してきれいに洗い、なるべく早く歯科医院を受診してください。取れてからあまり日数がたっていなければ、外れた銀歯をそのまま付け直してお使いいただけることもあります。ただし、大きくむし歯になっていたりご自分の歯が折れていたりする場合には作り直しが必要になるでしょう。


銀歯がとれてしまったら

・銀歯の寿命は約5年?

前回、銀歯の寿命は5年だというお話を載せました。

これに対し、

「私の銀歯は入れてから10年経つけど何ともないよ

と言う方もいるかもしれません。中には20年保っているという方もいるでしょう。

しかし、「取れてこない」「痛くない」「歯の色も変わっていない」だけで大丈夫なのでしょうか?

 

答えはNOです。

下の左の画像、一見すると何も問題のない銀歯に見えますが、銀歯を外してみると中には黒いものが見えます。

そうです。虫歯です

2ndcariespic1

銀歯の中は虫歯ができやすいのです。

それは、

1.銀歯をくっつけているセメントは、6年で接着力が“ゼロ”になる

2.異種金属同士が接触すると微弱な電流が流れ、セメントが破壊される

これらが原因だからです。

実は、銀歯が歯にくっついているのは、セメントの接着力のほかに、嵌合力といって機械的に「はまっている」力によるものが大きいのです(レゴブロックのパーツが「はまっている」のを想像して頂けると良いでしょう)。

ですから、一見何ともないような銀歯でも、接着力がなくなって「はまっている」だけになっているものが多いのです。

セメントの接着力が失われると、歯と銀歯の隙間に虫歯菌が入りこんで虫歯を作ってしまうのです。

取れてこないだけで実は銀歯の中で虫歯になっていることが多いですので、「入れてからしばらく経つなぁ」と思っている銀歯は作り直しをおすすめします。


あなたの銀歯は大丈夫?

・銀歯が外れる原因

3.詰め物が外れた原因は?

バランス

3-1 虫歯

詰め物が取れる原因として特に多いのは虫歯です。詰め物の内部で虫歯が進行し、残った歯の部分が変形することで詰め物と合わなくなり、外れてしまいます。
虫歯になる原因は二つあり、何らかの原因で詰め物と天然歯との間に隙間ができてしまう場合と、隙間が無くても、残っている天然歯の部分が再度虫歯になるケースとがあります。

また歯ぎしりや食いしばりなど、患者さんの側に原因がある場合もあります。詰め物が外れやすくて困っている、という方は、意識的に対策をとってみてはいかがでしょうか。

3-2 詰め物の劣化

歯の詰め物に使われる素材はいろいろありますが、経年変化で劣化は避けられません。レジンや金銀など劣化しやすい素材は、劣化によって外れやすくなります。

3-3 接着剤の劣化

詰め物と残っている歯をくっつけるために使用していた接着剤が劣化することによって、詰め物と歯の間に隙間がうまれてしまうことがあります。詰め物が取れてしまったら早めに歯医者さんに受診してくださいね。


歯の詰め物が取れた!知っておきたい対処方法と注意点

・歯医者さんでまず治療してもらう

1.詰め物が取れてしまったら、自分ではめ直さずに歯医者さんへ

pixta_11807444_M

1-1 無理にはめ直さない

取れてしまった詰め物は、無理にはめ直してはいけません。自分の手で元通りに戻すことは難しく、無理に入れ直すことで詰め物を変形させたり、歯を痛めたりすることもあります。再び取れてしまう可能性も高く、その際に誤って飲み込んでしまうと危険です。

1-2 取れた詰め物は保管しておく

取れてしまった詰め物は、何か入れ物に入れて保管をしておき、受診時に持参してみてもらいましょう。金属製の詰め物などは、劣化の程度によっては再度入れてもらうこともできます。きちんと管理しておかないと、なくしてしまうだけでなく、変形させてしまったりすることがあります。

・詰め物が取れたところが黒くなっているのはなぜ?

取れた後の歯が黒くなっている場合には、虫歯のこともあれば、接着剤として使われたセメントが黒く変色しているケース、詰め物として入れていた金属が原因のケースなどが考えられます。

1-3 放置せずに歯医者さんに行こう

虫歯の治療をして詰め物をしていた場所は、詰め物が取れてしまうとそこからまた虫歯になる危険性があります。歯の詰め物が取れてしまったときにかかる歯医者さんは、詰め物の治療をしてもらった歯医者さんでなくても特に問題はありません。詰め物をした歯医者さんでなくても事情を話せば治療をしてもらえますので、都合のよい近くの歯医者さんにかかりましょう。
旅行先などで取れてしまった場合には応急手当をしてもらい、自宅に戻ってから地元で通院できる歯医者さんに再度診てもらうようにします。
治療せずに放置してしまうと、以下のようなトラブルが生じる可能性があります。

・虫歯になる

詰め物が取れてすぐに虫歯になるわけではなく、2週間程度はそのままでも虫歯が進行する可能性は低いので慌てないようにしましょう。しかし、長期間放置すれば虫歯のリスクは高まります。遅くとも一カ月以内には歯医者さんを受診することが大切です。

・かみ合わせが悪くなる

歯の詰め物は、詰め物をした状態のかみ合わせを考慮して作られています。そのため詰め物が取れてしまうと、歯のかみ合わせが不安定な状態になります。長い間放置してしまうとかみ合わせがよくない状態が続き、あごの痛みや頭痛などを引き起こす可能性もあります。

・歯周病になる

詰め物が取れた部分は、食事をしたときに食べ物のカスが詰まりやすくなっています。食べ物のカスをえさにする歯周病菌の活動が活発になり、歯周病を引き起こすことがあるのです。


歯の詰め物が取れた!知っておきたい対処方法と注意点

・一度取れた銀歯は使えません

2.歯医者さんを受診するまでにしておくこと

pixta_7245586_M

2-1 丁寧な歯磨き

歯磨きはいつも通りして構いません。むしろ、詰め物が取れた歯は念入りに磨く必要があります。治療した部分がむき出しになっている歯は、虫歯になりやすい象牙質という部分がむき出しになってしまっているため、虫歯のリスクが高くなっているからです。あまり力を入れないで、ゆっくりと丁寧に磨いていきましょう。
さらに、詰め物が取れてしまった部分には穴があいているので、食べ物のカスが残りやすくなってしまいます。丁寧に磨かなければカスが蓄積してしまうので、しっかり歯磨きをするように心がけましょう。

2-2 詰め物が取れた歯を使わないようにする

詰め物が取れてしまった歯は、弱くなっています。かたい食べ物や噛みごたえのある物などを噛むことで、歯を傷めてしまうことがあります。歯が割れるケースもあるので注意しましょう。食事をするときには、詰め物が取れている歯はなるべく使わないように心がけます。

2-3 しみる飲食物を避ける

詰め物を入れる治療の際に、歯は大きく削られています。詰め物が取れることで歯の内部までむき出しになっているので、知覚過敏を引き起こしやすくなっています。象牙質がむき出しになっている状態では神経が刺激を受けやすくなっているので、熱い物や冷たい物などは極力控えるようにしましょう。


歯の詰め物が取れた!知っておきたい対処方法と注意点


  【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】

 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。