風でしみる歯は重症?それとも大丈夫?

風でしみる歯は重症?それとも大丈夫?

・歯がしみるときは虫歯の疑いがある

歯がしみるときは?

Q歯がしみる症状、この時期ですと、かき氷などを口にしたときに気になりますが、どうしてしみるのでしょう?
 
Aしみるという症状は歯の中の神経が刺激されることで起こるのですが、原因は様々考えられます。まずはむし歯です。歯にむし歯による穴があくことで、歯の神経を直接刺激し、水などの冷たいものがしみるようになります。
 
Q確かに、しみるな、と思ったらむし歯だったということがありますね。
 
Aむし歯以外にも様々な原因が考えられます。その一つに歯周病があります。歯周病は歯自体ではなく文字通り歯の周りの組織の病気です。口中の細菌が歯肉を刺激し、歯肉が腫れたり、逆に歯肉が下がって歯肉の中に隠れていたはずの歯の根元が露出します。歯の根もとは温度変化に敏感なため、しみやすくなります。日頃の生活習慣も歯がしみる原因になります。歯ぎしりや、歯をくいしばることで、歯が削れたようにえぐれて、神経を刺激します。以前は、「歯の磨きすぎで歯の根元がすり減り、歯がしみる」と言われていましたが、様々な研究により、現在では削れたようにえぐれているのは、ほとんどが歯ぎしりやくいしばりが原因と言われています。また、以前より少なくなりましたが、毎日の乱暴な歯みがきも原因になります。歯肉や歯の根元が削り取られ、歯がしみることがあります。
 
Qむし歯や歯周病だけでなく、普段の生活習慣が原因になったりもするんですね。ところで、しみたり、しみなくなったりすることがあるのですが、どうしてですか?
 
Aお口の中には熱い食べ物や飲み物、氷、アイスクリームといった冷たいものも入ってきます。その温度変化は何十度にもなります。健康な歯でも極端な温度変化ではしみることがあります。同じものを口にしても、一時的にしみなくなったり、再びしみる場合は知覚過敏が考えられます。歯の神経が冷たい刺激や熱い刺激に対して過敏に反応し、しみるという感覚を引き起こしているわけです。歯の神経の反応は、体調、季節などによっても変わってきますので、しみたりしみなくなったりすることがあります。しかし、むし歯が原因の場合は要注意です。しみなくなったからと言ってむし歯が治ったわけではなく、歯の神経が死んでしまい痛みを感じなくなった可能性があります。さらに進むと、ズキズキと痛み出す可能性があります。

歯がしみるときは?

・痛みの種類

歯が痛い、しみる

冷たいものがしみる場合

水やアイスなど冷たい飲み物でしみる、ブラッシングの時にしみるという感覚がある場合は、知覚過敏症または虫歯が疑われます。
知覚過敏の原因はストレスと言われており、歯ぎしり・食いしばりなどによる悪習癖により、歯と歯茎の境目に負担がかかり、まずはエナメル質が削れて、その後、象牙質と呼ばれる歯質が出てきて、象牙細管がむき出し(象牙質露出)状態となります。自覚症状としては、しみるようになったりします。また歯磨きが強すぎることや加齢によって歯ぐきが下がったり歯が削れたりすると起きます。この場合の対処法として、表面に知覚過敏用のコーティング材やレザーを当てたり、歯を守るために、マウスピースを用いたりする治療法があります。
次に、虫歯でしみるのであれば、虫歯が大きくなっていることが多いため、虫歯の部分を削って部分的に詰めるといった処置で治すことができる場合と、虫歯が神経まで達している場合は、神経を取り、根っこの治療(根管治療)が必要となります。
知覚過敏の症状と虫歯の症状の判断は難しいこともあるため、どちらの場合においても、一度歯科医院にて診てもらったほうが良いと思われます。

歯科治療した歯が、後日にしみたり、痛くなった場合

この場合で考えられるのは、詰め物の下の虫歯そのものが大きく、元々歯の神経に近いところまで進行していた場合です。神経までの距離が近いために、しみたり、痛みが出やすかったりします。
また、虫歯治療などで歯を削るときの刺激や熱により神経にダメージを与え、興奮させてしまうことがあり、2~3週間程は、しみたりすることはあります。

*

また銀の詰め物や銀歯は、金属であるため、冷たいものや熱いものを伝えやすく、そのためしみやすいこともあるのです。またそのよう場合でも、3週間程様子を見て、風がしみなくなったり、症状が軽減していたりするのであれば、経過観察で神経を残せる可能性が高いかと思います。
反対に症状が強く出るようであれば、神経を取る処置(根管治療)が必要となります。または詰め物のかみ合わせが高くて 痛みが出ることがありますので、そういった場合は詰め物のかみ合わせを調整することで改善していきます。

咬んだときに鈍い痛み(鈍痛)や違和感がある

歯ぎしりや食いしばりをされている場合、強い負荷が歯にかかることで歯の根っこが膿んだり、歯の根っこが割れていたり、ヒビが入っていたりすることがあります。 あるいは、全体の咬み合わせが悪かったり、隣の歯や上下の歯の咬み合わせが部分的に強く当たっていたりしても同様な症状が出たりすることがあります。この場合は咬み合わせの調整(咬合治療)が必要になってきますが、歯が破折している場合は、抜歯が必要となる場合が多いかと思います。しかし破折している場合、レントゲンでは分かりにくい場合があり、その時はCTにて詳しく診断する必要があります。(当院では歯科用CTを完備しております)

何もしていなくても、ズキズキと強い痛みを感じる

この場合は、虫歯が深く神経まで達している場合と、すでに虫歯に感染して神経が死んで根っこの先に膿が溜まっている場合があります。この場合は、根っこの治療(根管治療)が必要となり、何回か通院が必要となることが多いです。激痛がある場合は、歯医者に行く前に痛み止め・化膿止めの薬を飲んでおくのも良いかもしれません。


お悩みから探す歯科治療:歯が痛い、しみる

・虫歯と知覚過敏

これって虫歯?お口のトラブルの種類

これって虫歯?お口のトラブルの種類

虫歯はごく初期でない限り、自然に治ることはありません。しかし、虫歯は原因や仕組みがはっきりわかっているので、予防やケアを徹底することで未然に防ぐことができる病気です。また、症状によっては虫歯ではなく、知覚過敏の場合もあるので、的確に判断してそれぞれのにあった処置を施すことを心がけましょう。

症状から考えられる歯のトラブル

歯に痛みがある
冷たいものを口にしたとき「しみる」
何もしてなくてもズキズキと痛い

症状から考えられる歯のトラブル
虫歯の可能性があります

温かいものを口にしても「しみる」
歯に風が当たったときに「しみる」
ブラッシングしていると「しみる」

症状から考えられる歯のトラブル
知覚過敏の可能性があります

【虫歯と知覚過敏とはどう違う?】

【虫歯と知覚過敏とはどう違う?】

虫歯が、プラーク内にひそむ病原菌が糖分をエサにして「酸」を生み出すことで歯質を溶かすのに対し、知覚過敏はエナメル質の下層にある象牙質が露出し、そこを通る象牙細管から神経へ刺激が伝わることで起こります。

その原因にはさまざまなことが考えられ、歯周病で歯ぐきが下がって歯肉に隠れていた象牙質が露出しているケースやエナメル質が何らかの理由で損なわれているケースなどがあります。原因に応じて適切な処置を施すことが重要です。

 

歯が痛い・しみる~虫歯治療~

・症状に合わせた歯の治療を!

Qどんな治療をするのですか?
A軽症の場合は、しみる場所、主に歯のつけ根ですが、その部分に薬を塗り込むことにより一層の膜を貼って歯の神経に刺激が伝わりにくくします。歯の根もとがえぐれてしみている場合は、その部分を埋めて刺激を遮断します。症状が重い場合は、歯の神経を取り除いてしみなくします。これにより確実にしみなくなりますが、歯を長く保つためにも、できるだけ歯の神経が生きた状態で使いたいものです。

歯がしみるときは?
 

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0 初期の虫歯 ごく初期の虫歯で、自分で気がつくのは難しい段階です。歯の表面にあるエナメル質が白く濁って見えます。痛みもなく、穴も開いていません。 正しいブラッシングやフッ素塗布を行うことで、歯質の再石灰化が促せれば、治ることがあります。
C0 初期の虫歯
C1 エナメル質の虫歯 エナメル質が溶かされている状態です。表面に黒ずみや茶色っぽい変色が見えます。冷たい物を口にするとしみる症状がありますが、まだ痛みはひどくありません。 虫歯に汚染された歯質を、削り取ります。削った箇所は白い歯科用プラスチック(レジン)で埋めます。
C1 エナメル質の虫歯
C2 象牙質の虫歯 エナメル質が溶かされ、その下の層である象牙質まで溶け始めている状態です。冷たい物だけでなく、甘い物しみるようになり、ときどき歯に痛みを感じます。 こちらも歯を削る処置が必要です。削る箇所が多くなるため、インレー(詰め物)で歯質を補います。
C2 象牙質の虫歯
C3 神経まで達した虫歯 歯の内部にある歯髄(血管と神経の集まり)まで虫歯が進行している状態です。何もしていなくても激しい痛みに襲われます。 汚染された歯髄を取り除く「根管治療」が必要になります。根管治療後は、大きく削った歯を補うため、クラウン(被せ物)で歯質を補います。
C3 神経まで達した虫歯
C4 歯根まで達した虫歯 歯ぐきより上に見えていた歯冠の大部分が溶かされてなくなっています。歯根内部に虫歯が到達し、神経が死んでしまっているため、痛みは感じなくなります。さらに放置すると歯根内に膿が溜まり、再び痛みはじめます。 この段階まで達してしまうと抜歯するしかありません。抜歯後は、歯がない部分を人工物で補います。入れ歯やブリッジインプラントなどで歯の機能回復を図ります。
C4 歯根まで達した虫歯

重度の虫歯には根管治療

  • 重度の虫歯には根管治療
  •  
  • arrow
  •  
  • 重度の虫歯には根管治療

虫歯菌による汚染が歯髄まで達したC3の虫歯は、そのまま放置してしまうと抜歯しなければならないほど進行してしまいます。抜歯は歯列や咬み合わせのバランスを大きく乱すために、できるだけ避けたい処置です。そこで抜歯を避けるため有効な治療法が、汚染された歯質や歯髄を取り除き、内部をきれいに洗浄・消毒して詰め物で密封してクラウンを被せる「根管治療」です。

精密さが要求される「根管治療」

精密さが要求される「根管治療」

根管治療は、肉眼で見ることが困難な歯根内部から汚染物質をしっかり除去する必要があります。内部に取り残しがあると、再び内部で炎症が起こる「根尖病巣(こんせんびょうそう)」を引き起こす可能性が高いためです。また、根管治療は二度目以降のやり直し治療では、成功率が著しく低下するというデータがあります。そのため、お口の健康を考えるのであれば、一回目の治療をしっかり成功させることが重要になります。


歯が痛い・しみる~虫歯治療~
 

【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】

 
ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。