歯ぎしりのお悩みに有効なナイトガード!

歯ぎしりのお悩みに有効なナイトガード!

・ナイトガードは夜間に使用するマウスピース

歯ぎしりを防ぐナイトガード

ナイトガード
「むし歯はないのに歯が痛くなった」
「歯のかみ合わせが少しずつ悪くなっている」
「朝、あごが痛む」


そんな方はなるべくに当院にご相談ください。
実は寝ている時に歯ぎしりをしている方は結構多いのです。歯ぎしりは食事をする時の2倍の力を使っているとも言われており、歯に大きな負担を与えています。

歯ぎしりは寝ている間におきるため、全く自覚症状がありません。歯ぎしりの理由はストレスなど様々な理由にあるといいます。
寝ている間に起きてしまっている行動なのでやめようと思ってもやめられないのが歯ぎしりです。

「私は歯ぎしりしていないから関係ない」

と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、多かれ少なかれ皆歯ぎしりはしています。
噛む力というのは無意識的に動く筋肉も含まれているのです。

無意識的な場合は必ず意味があります。
例えば睡眠中に胃からあがってくる胃酸を中和する唾液を出すために歯ぎしりをしたりします。
自己防衛本能に近い理由もあるのです。

ただし歯ぎしりを続けると歯がすり減って平たくなってしまいます。
特に奥歯がそのようになります。するとかみ合わせが悪くなりモノがしっかりと噛めないあごが痛い骨格が変わるということが起きます。

そして歯ぎしりは、顎・首・肩に大きな負担をかけます。
モノを噛む時に奥歯にかかる負担はなんと体重と同じぐらいです。
奥歯一本に負担がかかりすぎて抜けてしまうと噛む力は一気に落ちます。

むし歯治療の際に歯につめ物をした方は、歯ぎしりが原因でつめ物がとれたりもします。
 

大切なのは無意識な自分の行動を未然に防ぐこと

そこで大切なのは寝る前の行動なのです。
歯ぎしりは寝ている間に起きてしまいます。
一人暮らしの方は歯ぎしりを注意してくれる方がいないのでまず気がつくことはないでしょう。

そこで寝る前にナイトガードを装着します。

ナイトガードはマウスピースのようなものです。
ナイトガードをつけることで夜中の歯ぎしりによる歯への悪影響を食い止めます。

かわすみ歯科のナイトガードは常に全部の歯があたるように調整いたしますので、あごの関節の痛みの改善などにも役に立ちます。

夜眠っている時に装着して歯ぎしりから守ります。ナイトガードとはいいますが、余裕があるのであれば日中着けていただいても問題ありません。

このナイトガードは、保険適用となっています。
歯ぎしり対策の治療用具として国に認められているのです。
通院回数は装着後の調整まで含めて通常3~4回になると思ってください。

ナイトガードの噛み合わせの表面は、なるべくデコボコがない状態にしています。
平らに近い感じで、噛み合う下の歯にある程度合わせています。
これは、下の顎がある程度自由に動かせる状態を整えるためです。

こちらはナイトガードをつけた患者様の実例です。
 

使用前   使用後

こんなに歯への負担がかかっているのです。
上記の通り、ナイトガードを入れると、顎が最も楽な位置に治まるのと同時に、歯に過剰な力がかかるのを防いだり噛み合わせの面をすり減りから守ることができます。


歯ぎしりを防ぐナイトガード

・何とかしたい歯ぎしりの原因や症状

歯ぎしりには自覚症状が無い場合が多く、他人に指摘されて初めて気付くことが多いものです。

夜中に「ギリギリ」と歯を擦り合わせる音は他人の睡眠妨害を引き起こしたり、それを指摘されたりして、友人と旅行にも行けなくなってしまう人もいます。

また歯ぎしりは歯や顎にも大きな負担がかかり、さまざまな二次障害を引き起こすため、決して放置してよいものではありません。

では、歯ぎしりをしてしまう原因とその影響、そしてその解消法を紹介します。

 

歯ぎしりの原因とは……

原因にはメンタリティが関わっている場合が多く、ストレス、いつもイライラしてしまう性格、不安や心配を抱えているなどの要素が身体に反映し、歯ぎしりになって表れます。心に抱えたものを発散するところが歯にいってしまうわけです。

また、歯科医院での虫歯などの治療で歯のかみ合わせが悪くなり、その違和感で歯ぎしりをしてしまうことも考えられます。

 

歯ぎしりの種類

歯ぎしりには種類があり、一般に「歯ぎしり」と呼ばれるのは睡眠時に「ギリギリ」と歯を擦り合わせるタイプで「グラインディング」と呼ばれます。グラインディングは大きな力で歯をこすり合わせるため、歯には異常なすり減りがみられ、歯根の破折を引き起こすこともあります。

そのほかに、上下の歯を強く噛みしめ音を出さない「クレンチング」や、歯をカチカチと鳴らす「タッピング」などの種類があり、これらを総称して、専門用語では「ブラキシズム」と呼ばれています。

 

放置しておくことのリスク

歯ぎしりが原因で頭痛や肩こり、顎関節症などの病気を発症することがあります。

顎関節症になると、顎の関節がスムーズに動かなくなり、顎の痛みや口が開かないなどの症状が出ます。顎に強く力を入れる歯ぎしりが顎を傷めるのです。

また歯ぎしりをし続けることで顔の筋肉が発達しエラが張ったりと、美容の面でも悪影響を及ぼすことがあります。

 

歯ぎしりの解消法

まずは、できるだけ歯ぎしりの原因の解消に努めましょう。また、ストレスを溜めないように就寝前にリラックスした時間を作ることや、顎や頬を軽くマッサージして筋肉を揉みほぐすことも有効です。


新東京歯科衛生士学校

・ナイトガードの効果

夜間マウスピース(ナイトガード)の効果

①歯のすり減りを防止する(その代りにマウスピースがけずれる)

②歯列をマウスピースで連結固定することで、歯ぎしり中の力を歯列全体に分散させる。それにより、1本の歯にかかる負担を低減し、歯の破折や歯根破折を防止、コンポジットレジンなどの修復物の破損脱離を防止、セラミッククラウンなどの補綴物の破損脱離を防止する

③歯の位置を保定する(時に提示症例のように正中離開を改善する)

④顎関節の負担を軽減する

※マウスピースをしても歯ぎしり、食いしばりはなくなりません。それゆえ、肩こり頭痛なども直接的には治りません

 マウスピースの欠点は装着時の違和感があることです。その違和感から夜間就寝時に知らぬ間に外してしまう方もいます。逆に、使用していくうちに安心感からマウスピースを使用したほうが寝れるという方もいます。

 夜間の歯ぎしり食いしばりが全くない方はほとんどいないという報告があります。当院では夜間マウスピースを使用をお勧めしています。特に、歯のすり減りが多い方、多くの歯を治療している方、セラミック修復やコンポジットレジン修復が欠けたり、チップする恐れがある方、歯ぎしりにより歯の動揺が起きている方、歯の破折や歯根破折の恐れがある方は夜間のマウスピースを使用をお勧めします。

 マウスピースをは健康保険適応(5000円程度)で製作でき装着までの通院回数は2回です。


夜間のマウスピースの効果

・治療後の歯を長持ちさせたいときにも有効!

ナイトガードで歯ぎしりを防いで歯を長持ちさせる

ナイトガードせっかくセラミックの白い歯に変えたのに、数年後に壊れてしまったという方がいらっしゃいます。そうした方のお口を拝見すると、歯ぎしりや食いしばりが強く、咬み合う歯に負担がかかっていることがわかりました。
そこで当院では、治療後も安定した状態を保てるように、就寝中に使用する歯ぎしり防止用のナイトガードの使用をおすすめしております。
ナイトガードを装着すると、就寝中に歯ぎしりや食いしばりをしても、ナイトガードがクッションになって歯を守ってくれます。
寝る前に装着するだけの簡単な装置ですので、せっかく入れた歯を壊さないためにも、ぜひお使いください。



ナイトガードで歯ぎしりを防いで歯を長持ちさせる


 

【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】

 

ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。