歯のお手入れは健康維持管理の基本!

歯のお手入れは健康維持管理の基本!

・VIPほど歯の健康には敏感!

孫正義が3カ月に一度歯医者に行く理由

時価総額約9兆円、最近は中国の大手IT企業アリババに投資した20億円が含み益8兆円を超えるとも言われるソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏。彼が健康面で人一倍気を使っているのは、歯。世界中を飛び回り、VIPとの商談が続く多忙な中でも、定期的に3カ月に1度の歯科検診は長年続けているという。

孫 正義●ソフトバンク会長兼社長 ソフトバンク創業者。1957年、佐賀県生まれ。80年にソフトバンクの前身「ユニソン・ワールド」を設立。2001年に開始したADSL 接続サービス「Yahoo!BB」を皮切りに、通信事業へ参入。(時事通信フォト=写真)

元ソフトバンク社長室長で、現在は英語教育事業TORAIZを運営する三木雄信氏がウェブメディアにその背景を次のように語っていた。

孫氏がそこまで歯のチェックにこだわっているのは「米国などでは歯並びと白い歯がその人の健康のバロメーターという考え方があるからです。彼はサプリメントでバランスよくビタミンを摂取していたし、好んで飲んでいたのもフランス製のミネラルウォーター・ペリエでした」(ウェブメディア「マネー現代」より引用)

ちなみに、酒を一滴も飲めず、食にはこだわらないことで有名な孫氏だが、定期的な運動など、自己のメンテナンスには多大な注意を払っていたようである。

健康法というと、病気にならないための運動や食事がすぐに思い浮かぶが、孫氏のエピソードを受け、樺沢氏は「予防医療で重要なのは自己の健康状態をまず知ること」と話す。

「定期健診に足を運ぶ社長は、自身の体調におかしなところがあれば、すぐに病院に行って診てもらうフットワークの軽さを持っています。対して、定期健診に行かない人は調子が悪くてもすぐには病院に行かないため、結果的に体が蝕まれてしまう危険性があります」

■定期歯科検診はもはや常識

孫氏が3カ月に1度通う歯医者についても「常識」と樺沢氏は言う。

「私も孫さんと同じく、3カ月に1度は歯医者で歯石を除去してもらっています。歯石はどうしてもたまるもの。たまり続けると歯周病が悪化します。また、残存歯数が少ないほど認知症になりやすい。歯周病がアルツハイマーの原因として関与しているという研究も出ています」

アンケート調査でも、「毎月、歯のクリーニングに行っている」(えむずう・渡部真澄氏)、「年に4回歯科検診に通っている(ぺあのしすてむ・伊藤昭浩氏)」といった歯に関する回答が相次いだ。ほかには「年2回の血液検査」(プリベント少額短期保険・花岡裕之氏)を実施している経営者もいた。

今や、経営者ならずとも定期的な検診は常識。自分の歯の寿命が、自分の仕事での“活躍寿命”を決めると言っても過言ではないのだ。


孫正義氏は3カ月に1度は歯医者へ 米国では歯の健康が体の健康とされるから

・お子さんの歯の健康は親御さんがちゃんとする

アレルギー・歯の病気、生活保護の子は10倍 東大分析

写真

 生活保護受給世帯では、アレルギーや歯の病気がある子どもの割合が一般世帯の十倍以上にもなるとの研究結果を、東京大の近藤尚己(なおき)准教授(社会疫学)らのチームがまとめた。特にひとり親世帯で病気がある子の割合が大きかった。

 生活上のストレスやハウスダストなどの居住環境のほか、「対処の仕方を教えてくれたり、助けてくれたりする人が周囲にいない」という孤立状況も背景にあるとみている。国や自治体は二〇二一年から受給者への健康管理支援事業を始めるが、大人の生活習慣病対策が中心。子どもにも有効な支援が確実に届く仕組みが求められる。

 分析の対象は、二つの自治体で一六年に生活保護を受給していた世帯の十五歳以下の男女五百七十三人。厚生労働省の国民生活基礎調査を基に同年代の全体状況も調べ比較した。

 受給世帯でぜんそくにかかっていた子は年齢、性別が違っても20~31%と多く、一般の子に比べいずれも十倍以上。虫歯や歯肉炎など歯の病気、アレルギー性鼻炎も十倍以上の差があった。格差が比較的小さいアトピー性皮膚炎でも五倍程度の開きが見られた。

 また受給世帯の中でも、ひとり親世帯の子は、ひとり親でない世帯の子に比べアトピーが四倍、歯の病気が二倍などで、健康状態が悪かった。

 経済的な困窮に加え、「ワンオペ育児」と呼ばれる孤独な育児の困難も影響したとみられ、近藤さんは「ひとり親の責任を問うのではなく、子育ての面などで追加的な支援をすることで、子どもの健康を改善できる可能性がある」と指摘する。


アレルギー・歯の病気、生活保護の子は10倍 東大分析

・高齢者ほど歯周病予防を実践すること

歯周病が悪化すると、インプラントさえ抜けてしまう
「夜に歯磨きをしない人は、1兆個くらいの口腔内細菌がいるといわれています」と、全国保険医団体連合会副会長を務める森元主税歯科医師は語る。歯周病菌や虫歯菌を含む口腔内細菌は“嫌気性菌”といって、空気を嫌う。夜寝ているとき、人は口を閉じている。空気が入ってこないため、菌にとっては格好の棲み処になるのだ。

「人間も含めて、すべての生き物は食べて排泄する。菌も同じです。ウンチが臭いのと同じように、口腔内細菌も臭い毒素を出すのです」

 これが、口臭の主な原因となる。

「夜寝ているうちに、一番空気が少ない歯周ポケット(歯と歯茎の間)に生息するのです。歯磨きを怠っているとだんだん浸食して、歯を支えている骨(歯槽骨)が減っていく。そして、最後には歯が抜けてしまうのです」

 そこで、後悔しても後の祭り。歯を失う原因の第1位が歯周病なのだ。ドラッグストアやコンビニでは口腔ケア製品がよく売れている。歯周病予防という認識は広がっており、1000円以上の薬用歯磨きも売れ行きがいいようだ。

「でも、歯医者にはなかなか来院したがらないんですよね」と、森元医師は苦笑する。筆者が同窓会に出席したとき、プレイボーイだった男性の前歯が欠けていた。「ほかの歯もポロポロと抜けちゃうんだよ」。これは歯周病の末期症状だと思い、歯医者に行くように勧めたが、「歯医者は嫌い」と、にべもない。キザったらしかった彼が歯抜けで一気にジジくさくなっても通院しようとしないのだから、よほど歯医者が嫌いなのだろう。

 2012年、雑誌「プレジデント」(プレジデント社)編集部が55~74歳の男女を対象に、「人生の振り返り」に関するアンケートを行ったところ、健康について後悔していることでは、「歯の定期検診を受ければよかった」が総合第1位だったという。女性部門では第4位だったものの、男性部門では、「体を鍛えればよかった」「頭髪の手入れをすればよかった」「たばこをやめればよかった」をおさえて第1位、70歳以上部門でも第1位だというから、高齢男性の後悔ぶりが目に浮かんでくる。

 近年はインプラントが注目されている。しかし、歯周病で歯茎が弱っていくと、せっかく何十万円も支払って取り付けたインプラントが抜けてしまう症例が後を絶たないという。

歯周病菌が動脈硬化や心臓疾患、糖尿病などを引き起こす
 この歯周病菌、怖いのは歯へのダメージだけではない。歯周病菌が炎症を起こした歯肉から毛細血管に入り込み、血液に乗って全身に運ばれていくと、動脈硬化をはじめとするさまざまな深刻な病を引き起こすのだ。歯周病菌が心臓の弁に付着すると心内膜炎になる。歯周病菌がインシュリンの分泌を阻害するために糖尿病になりやすくなる。歯周病菌が気管に入ると誤嚥性肺炎になる。

ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2019/07/post_108501.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

高齢者、健康の後悔1位は「歯」…歯周病で全身の内臓疾患、命を脅かす、物も食べられず

・アルツハイマー病治療にも歯周病が決め手か?

 2019年1月23日に「Science Advances」という医学雑誌に「歯周病菌とアルツハイマー病」に関する論文が掲載されました。この内容が今、歯科医師の間で話題になっています。

 論文はアメリカの製薬会社であるコルテキシム社の研究チームが発表したもので、死亡したアルツハイマー病患者54人の脳の96%から、歯周病菌の一つである「ポルフィロモナス・ジンジバリス」(P.ジンジバリス)が生み出す「ジンジパイン」という有毒な酵素が見つかったというものです。

 そして、このジンジパインが見つかった脳では、アルツハイマー病と強い関連がみられるたんぱく質の「タウ」と「ユビキチン」が大量に存在していました。そこで研究チームはジンジパインがアルツハイマー病の発症に関連しているかどうかを調べるため、1日おきに健康なマウスの歯にP.ジンジバリスを塗布、これを6週間続けたところ、脳から、通常より高い水準のアミロイドβたんぱく質とP.ジンジバリスが見つかりました。アミロイドβたんぱく質は老人斑の主要な構成成分で、アルツハイマー病の特徴的な所見です。

 さらに、コルテキシム社はこうした実験を元に、歯周病菌を抑制してジンジパインの産生を抑える薬(ジンジパイン阻害薬)の開発に成功。すでに動物実験などで、この薬を投与して認知機能の向上などの有効性が確認されたことから、この4月から、全米でヒトを対象に臨床試験を開始しているというのです。

 歯周病菌がアルツハイマー病を引き起こす物質の可能性としては、ジンジパインのほかにも「カテプシンB」という酵素や口臭の原因となる「酪酸」なども報告されています(認知症が歯周病の原因に? 歯周病専門医の答えは?)。

 しかし、そうした研究から薬の開発、臨床試験に至った話は私の知る限り、聞いたことがありません(カテプシンBについてはこれを阻害する食品の研究開発が始められています)。

 これまでアルツハイマー病については、多くの治療薬が研究されては消えていき、現在まで根治が期待できる薬は登場していません。こうした中にあって、このジンジパインの研究が大いに期待されていることは間違いないでしょう。

 歯周病菌はアテローム性動脈硬化症の患者の血管から見つかり、これが、重度の歯周病患者に狭心症や心筋梗塞の発生が多い理由の一つということが明らかになりました。また、最近では大腸がんの組織に本来、検出されることの少ない歯周病菌が発見されるなど、からだのさまざまな部位から歯周病菌が見つかっています。

 実は、むし歯菌ではこのような報告はほとんどありません。

 むし歯菌と違って、空気がないところでも生息できる歯周病菌は炎症の起こっている歯ぐきの奥に入り込み、歯槽骨(しそうこつ)までをじわじわと破壊することができる菌。同じようなメカニズムで炎症の起こった歯ぐきから血管の中に入り、全身をめぐって各器官で悪さをしそうなことは容易に想像できます。

 歯周病菌は口の中にいるさまざまな菌の中でも特に悪性度が高く、やっかいな菌であるといえるでしょう。

 だからこそ、たかが歯周病と侮らず、できるだけ早く治療をすべきだということなのです。


歯周病菌が生み出す酵素が認知症患者の脳内に! 歯科医が注目の最新研究とは?

【西明石駅から徒歩1分のめばえ歯科クリニック】

 

ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。