CGFとAFGを用いた再生療法 | めばえ歯科クリニック

  • HOME
  • CGFとAFGを用いた再生療法 | めばえ歯科クリニック

CGFとAFGを用いた再生療法

骨生成を行う際に当院では骨誘導剤の他にCGF・AFGを用いて行うことも行っております。

CGF

【遠心分離機にて生成する様子】

【CGF実物】

CGFとは患者様本人から採血した血液を用いて添加物(抗凝固剤等)を一切使用せずに製造する、「完全自己由来フィブリンゲル」のことを言います。
ケガなどで出血をした時に血小板などが集まり、傷を修正しようとする動きがあります。この血液を固める働きを「フィブリン」と呼びます。
患者様の採血した血液を特殊な遠心分離機でフィブリンとその他の成分を分離させて完成したものをCGFと呼びます。(ゼリー状)
CGFのみでは骨は生成出来ませんが、CGFを用いることで骨や周辺組織の再生を促進させることから、治療の短縮にも繋がると言われております。

AGF

CGF同様に患者様本人から採血した血液を遠心分離機にかけることで、抗凝固剤等の添加物が入っていない自然に近い血漿(けっしょう)を生成します。この血漿のことをAFGと呼びます。(液体状)
このAFGに骨補填剤などを混ぜるとゼリー状になり、それをGBRやサイナスリフトで出来た空洞に埋入することで骨が生成されます。
骨補填剤のみを埋入することもありますが、AFGと骨補填剤を混ぜる事で、拒絶反応やアレルギー反応を比較的抑えることが出来ると言われています。