口腔外科 | めばえ歯科クリニック

  • HOME
  • 口腔外科 | めばえ歯科クリニック

口腔外科(難抜歯・顎関節症など)・インプラント・歯の脱離による再植

口腔外科
口腔外科

抜歯について

上の画像のようにCT画像を用いて診断します。

親知らずの抜歯、歯茎が腫れた時の切開・排膿など小さな手術から大きな手術まで行います。

親知らずは、一番奥に生えているため、歯ブラシが当たりにくく、清潔に保つことが困難です。そのため、虫歯や歯周病にもなりやすく、痛みを繰り返します。また、完全に生えきっていないことも多く、歯茎の腫れや、痛みを繰り返しやすいです。なるべく歯を抜かない治療を心掛けておりますが、場合によっては抜いた方が良いこともあります。

なるべく、患者様のご希望に沿った治療を行えるよう、心掛けておりますので、不安なことや、気になることなど、ご相談ください。

抜歯

顎関節症について

顎関節症マウスピース

顎がカクカク鳴ったり、口が開けにくかったり、顎が痛くなったり、口のまわりの筋肉が痛くなったりなどの症状がある場合は当院にご相談ください。
顎関節症の場合、マウスピースやスプリントというもので、睡眠時の歯ぎしりや食いしばりの原因である筋肉の緊張や緩和をうながし、顎関節部への負荷の軽減を行います。

インプラントについて

インプラント

失った歯の代わりに、人工的に歯を作ります。
天然歯が抜けると、顎の骨は歯を支える本来の役目を失うため痩せ細り、顔貌も変化していきます。インプラント治療を受けると再び顎の骨の役割が復活し、骨の吸収の予防も計れます。

失った歯の、歯根の部分にインプラントを埋入し、周囲の骨と結合した後、人工の歯を冠せます。最大の特長は、入れ歯やブリッジなどと比べ、ご自身の歯のように、食事や会話をすることが可能であるという点です。見た目も自然で美しく、取り外しの必要もないため、日常のお手入れも苦になりません。

興味のある方は、Drやスタッフに、お気軽にご相談ください。

1本 250,000円(税別)~

インプラント詳細

歯の脱離による再植

時々、歯を強くぶつけてしまって歯が抜けてしまい、歯を持ってきてまたくっつけてほしい。という患者様が来られます。
出来る限り早く来院して頂きたいのですが、その際、歯を洗わずに牛乳につけて持ってきて頂きたいです。

歯の根には、歯根膜という膜で覆われており、その歯根膜が18分乾燥すると歯根膜の細胞が死んでしまい再植は失敗します。乾燥させないように気をつけてください。
歯を洗ってしまうことによって、歯根膜が死んでしまうことがありますので、歯は洗わないでください。
牛乳がない時は、口の中(唾液の中に入れたまま)ご来院ください。
時間の経ちすぎた歯の再植は戻らない場合があります。

お子さまの歯牙の脱臼も同様です。

ご予約はこちら
ご予約はこちらTEL:078-927-4618 ご予約はお電話でもお受けしております。待ち時間をいただけるなら急患も対応しております。