GBRとサイナスリフト | めばえ歯科クリニック

  • HOME
  • GBRとサイナスリフト | めばえ歯科クリニック

GBRとサイナスリフト

インプラント治療において、インプラント本体と患者様自身の骨の結合が重要となります。
その際、何等かの理由(虫歯や歯周病等)で骨が少ない場合、インプラント治療が行えない場合があります。
骨が少なくインプラントが出来ない、などのお悩みをお持ちの患者様の為に当院ではGBRやサイナスリフトと呼ばれる骨再生療法を用いてインプラント治療を行っております。

GBR

サイナスリフト

“GBRとサイナスリフトはともに骨量が少ない場合に切開又は穴を開けた部分に骨再生誘導剤やCGF/AFGなどを補填することでインプラント埋入に必要な骨を生成します。骨の生成は個人差があり、十分な骨の生成を確認後インプラント埋入施術を行います。
GBRとサイナスリフトの違いは、GBRは歯を失った部分に骨を生成する、サイナスリフトは上顎洞(空洞)に骨を生成するなどがあります。
当院では患者様一人一人、しっかりと検査を行った上でご納得が行くまでご説明致します。
なお、骨の生成は個人差があり、1回のGBR、サイナスリフトでインプラント埋入に必要な骨の生成が出来ない場合があります。
インプラント治療、GBR、サイナスリフトについては少しでもご興味、ご関心のある方はお気軽に当院にご相談ください。”